岩井研(超高速分光研究室) Home


講義・学生実験

担当履歴

東北大学

年度 前期 後期
2003(H15) 物理学実験(1年)、物理学基礎実験(3年)
2004(H16) 物理学I(力学、1年) 物理学II(振動、波動、1年)、基礎物理学研究(3年)
2005(H17) 原子分子物理学(4年)、自然科学総合実験(1年) 基礎物理学研究(3年)
2006(H18) 原子分子物理学(4年)、自然科学総合実験(1年) 基礎物理学研究(3年)
2007(H19) 原子分子物理学(4年)、自然科学総合実験(1年) 基礎物理学研究(3年)
2008(H20) 原子分子物理学(4年)、光物性学特論(大学院) 基礎物理学研究(3年)
2009(H21) 原子分子物理学(4年)、自然科学総合実験(1年) 基礎物理学研究(3年)
2010(H22) 原子分子物理学(4年)、光物性学特論(大学院) 基礎物理学研究(3年)
2011(H23) 原子分子物理学(4年) 物理光学(3年)
2012(H24) 原子分子物理学(4年) 物理光学(3年)、光物性学特論(大学院)
2013(H25) 原子分子物理学(4年) 物理光学(3年)
2014(H26) 原子分子物理学(4年) 物理光学(3年)、光物性学特論(大学院)
2015(H27) 原子分子物理学(4年) 物理光学(3年)
2016(H28) 原子分子物理学(4年) 物理光学(3年)、光物性学特論(大学院)
2017(H29) 原子分子物理学(4年) 物理光学(3年)

他大学非常勤講師

年度 講義場所 題目
2005(H17) 名古屋大学工学研究科応用物理学専攻 「フェムト秒分光の基礎と応用」
2007(H19) 東京工業大学理工学研究科物質科学専攻 「フェムト秒分光の基礎と応用」
2011(H23) 北海道大学理学部 「超高速分光の基礎と応用」
2011(H23) 滋賀県高島市白浜荘 第56回物性若手夏の学校 サブゼミ
「光誘起相転移の超高速ダイナミクス」
2012(H24) 東京大学本郷キャンパス 2012年度分子科学若手の会夏の学校
「時間分解赤外・テラヘルツ分光で捉える強相関電子系の超高速ダイナミクス」 など
2015(H27) 岡山大学大学院自然科学研究科(理) 物理学科特別講義W
「単一サイクル赤外パルスで拓く強相関有機金属の瞬時強電場効果」
2017(H29) レンヌ第一大物理学科 集中講義
「Ultrafast optical spectroscopy of Photoinduced phase transition」

講義概要

物理光学(3年後期)

  1. はじめに;光ってなに?
  2. 波の性質と記述法;波の伝播、マクスウェル方程式と波動方程式、
    偏光、ジョーンズ行列、ストークスパラメータ
  3. 干渉;波面分割と振幅分割、薄膜の干渉(二光束干渉)
     マイケルソン干渉計、ファブリーペロー干渉計、多層膜と特性行列
  4. 回折;フレネルの理論と回折積分、
     フラウンフォーファー回折とフレネル回折、回折格子
  5. 反射と屈折;屈折の法則、スネルの法則、ブリュースター角
     全反射(エバネッセント波)、結晶光学と複屈折、
     光学活性(旋光性と円二色性)
  6. 物質中の光の伝搬;分極と誘電関数、光学定数
  7. 物質の色と電子的性質; 絶縁体(誘電体)と金属
  8. レーザーとレーザー分光

原子分子物理学(4年前期)

1-1 導入:なぜ量子論が必要なのか?
1-2 原子の構造
1-3 分子の構造
1-4 低次元固体の電子状態
2-1 分光実験とスペクトル
2-2 光と物質(固体)の相互作用の基礎
2-3 非線形光学と超高速分光への導入

光物性学特論(大学院)

1) 線形分光の復習(2〜3回)
2) 非線形光学(〜4回)
3) 超高速分光(〜3回)
4) 物質科学における超高速現象(2〜3回)

集中講義「超高速分光の基礎と応用」

0.超高速の世界を覗く  〜なにがみえるのか?
1.なぜ光パルスなのか?
2.光パルスの発生と取り扱い
3.超高速現象の測定技術
4.光誘起相転移の超高速ダイナミクス